暮らしに平和を

2020.06.26 /

第52回:竹中大工道具館探訪

竹中大工道具館は竹中工務店が1984年に開設した企業博物館で大工道具を収集・保存することを目的とする日本唯一の博物館です。

世界最大級の旅行コミュニティサイトのトリップアドバイザーで工場見学・社会科見学部門の第2位になったこともあります。
やはり第1位は世界のトヨタ関連です。
新型コロナウイルス感染症以前は日本の文化に関心のある外国の方や、どちらかの棟梁が若手の大工の研修の為なのか、博物館内を案内されているところが見受けられました。
館内は静かで落ち着いた大人のスペースです。

1

神戸経済ニュースより

博物館には、大工道具だけでなく様々な木材や木造建築に関する展示となっています。
新型コロナウイルス感染症の関係で暫く閉館していましたが、事前予約制で開館しましたので行ってきました。
駐車場に車を止めると立派な門がありその奥に博物館の建物があります。
2

樹々が茂っていて建物全景が見えませんが、アプローチからは風情のある感じです。

3

玄関ロビーです。
こちらで館内の写真撮影はOKと言われたので、ホームページの住まいのコラムに載せてもいいかお聞きしたところ、「エッセイのようなものならいいですよ。」とのことでしたので探訪記としてUPさせていただきました。

4

ロビーホールでは「木材曲げ加工の技術革新と家具デザイン」の特別展を開催していました。ホールの奥に見える中庭が雨に濡れて綺麗でした。

5

屋根組の展示です。

6

軒の仕組は精緻でした。

7

吹抜けホールにある木組みです。

8

こちらは数寄屋造りが理解できるエリアです。

9

土壁の施工方法です。

10 

数寄屋造りの材料は自然のままの皮つきの丸太や竹を使うことが多いです。その木々の展示です。耐久性よりも自然の風情優先です。

11

様々な木々の木材を理解するコーナーです。

12

後ろから見た所は、原木感溢れる丸太群です。
13

オーク、松、桧の順で同じ大きさの立方体を持ち上げることのできるように並べてあります。
それぞれ重さが異なり、木の種類によって性質が異なることが実感できます。
当日はまだ新型コロナウイルス感染症の影響で触れることはできませんでした。
14

大工道具の展示です。
1943年に行われた調査によると、当時木造建築施工に必要な大工道具は179点、どんなに安普請でも72点は必要のようでした。

本格的な建物に求められる強固な木組みと精緻な仕上げの為に多くの大工道具が必要とされていたとのことです。戦後になると新しい構法や電動工具の普及により大工道具は減少していきます。

渡邊工務店の専属大工の皆さんは社寺や精緻な仕上げを要する和室の施工ができます。
また、持っている大工道具の種類も多いです。これらのことは和室に限らず建物全ての出来映えはもちろん、仕事へのこだわりや丁寧さの尺度でもあるように思います。
15
16
17
18

木造建築に興味のある方は、機会があれば「竹中大工道具館」を訪れて頂ければ嬉しく思います。

ご案内
映像「大工さんってスゴイ!」 竹中大工道具館【期間限定】
おうちでミュージアムより小学生の子どもたちが建物に興味を持ち、大工さんに出会って道具を体験するお話で、大工さんの仕事や道具を楽しく紹介しています。


■熟練大工の匠の技について詳しくはこちら

■社寺建築について詳しくはこちら

カテゴリー

アーカイブ

Copyright © WATANABE-KOMUTEN All rights reserved.