トピックス TOPICS

2015.06.15 /

木材センターより 木にな~るはなし⑨

梅雨入りしましたね。

ジメジメした日が続くと、気分までどんよりしてしまいがちです。

最近ではかわいいレイングッズや、部屋干ししてもイヤなにおいが

残らな~い♪なんて宣伝している洗濯洗剤や、いい香りの柔軟剤が

たくさん売られているので、少しでもどんよりした気分を上げて

過ごしたいですよね。

 

私は、毎年悩まされる外はね前髪の対策として、1年掛かりで前髪を

伸ばしてみました!どうなることやら・・・外はね前髪!!

 

毛事情は置いといて・・・

 

 

今回の『木にな~るはなし』は、そんなジメジメの梅雨時期に

もってこいの話題!?木の持つ調湿作用についてです。

 

 

突然ですが、東大寺の正倉院!


奈良時代以来宝物を襲蔵してきた、桧造り・単層・寄棟本瓦葺きで、

高床式で造られた教科書にも載っている有名な建物なのは、

ご存知かと思います。(現在の教科書には出てこないでしょうか・・・)

 

毎年開催される正倉院展では、貴重な宝物が公開されているのですが、

1000年以上の時を経てもなお、極めて良好な状態で、しかも多数の

ものが残されている事も、有名だと思います。

 

※宮内庁のHPにこう表現されていたので引用させていただきました。

襲蔵とは、代々所蔵すること だそうです。

初耳でした。ご存知の方はすみません。

 

 

なぜ極めて良好な状態で宝物が残されているのでしょうか?

 

・正倉院が木造であること。(桧造り)

・宝物を入れていた保存箱が木製であること。(杉)

 

木材の持つ調湿作用及び調温作用が、非常に有効的だった為と

考えられています。

 

つまり・・・

桧(建物)+杉(保存箱)

という木材の二重構造だった事が、非常に良かったという事です。

 

 

当然、メンテナンスの重要性や宝物自体の品質の良さ等、様々な要因が

絡み合っての事だと思うのですが、ここでは渡邊工務店らしい?理由に

注目してみました!

 

 

奈良時代からずっと宝物を守ってきた、木の調湿作用。

人にとって、よくない訳がありません!

結露の防止・カビの防止など、調湿作用以外にも人にやさしいさまざまな

効果があり、家の内装に積極的に取り入れたい素材ではないでしょうか。

 

調湿作用と言えば、珪藻土を思い出す方も少なくないと思います。

珪藻土にも、木と同じように結露の防止・カビの防止など、

調湿作用以外にも人にやさしいさまざまな効果があります。

木と珪藻土の合わせ技で、より快適な室内空間を目指すのも、

とても素敵だと思います。

 

 

渡邊工務店で建築されたお客様は、内装に木や珪藻土を取り入れている

方も大勢いらっしゃいます。夢のマイホームをお考えのお客様!

木が好きなお客様!!調湿作用だけでなく、人にやさしい様々な

効果をもつ木の家に住みませんか?

 

ご体感希望の方は、ぜひ弊社展示場までお気軽にお越しくださいませ!

 

 

おっと!久しぶりのマジメブログだったのに、

最後の最後で激しく宣伝になってしまった・・・(*ノω・*)テヘ

 

 

 

【参考

http://shosoin.kunaicho.go.jp/ja-JP/Home/About/Repository?ng=ja-JP

http://shosoin.kunaicho.go.jp/en-US/Bulletin/Pdf?bno=0000000038

http://em-k.jp/keisoudo.html

http://www.rinya.maff.go.jp/j/kidukai/con_2_2.html

カテゴリー

アーカイブ

Copyright © WATANABE-KOMUTEN All rights reserved.