トピックス TOPICS

2014.11.21 /

木材センターより 木にな~るはなし⑤

ストーブが恋しい寒さになってきましたね。

弊社の元気な監督達も、さすがに防寒着着用で走り回っています。

体調崩されてはいませんか?

手洗いうがいをしっかりして、風邪をひかないようにしたいですね。

 
 

   
 

さて、今回の『木にな~るはなし』は、木材の水分についてです。  

 
 

水分といえば、ものの総量に対する水の量の割合 と考えるのが、

一般的な考え方だと思います。

 
 

例えば「みかんの80%は水分」と言われれば、みかんを100gとしたら

80gの水分が含まれている という事ですよね。

   
 

ところが!!

木材の水分は100%以上を示すことも少なくありません。

なぜでしょうか?

   
 

木材は水を一切含んでいない組織の重量を100と考えるそうです。

乾量基準という表し方で、みかんの例は湿量基準という表し方だそうです。

   
 

わかったような、わからないような・・・

   
 

木材の水分量の目安(木材の乾燥度)を、含水率で表すのですが、

木材の含水率(木材に含まれている水分量表す指標)は、

含水率(%)=(木材の乾燥前の重量(g)-全乾燥重量(g))÷全乾燥重量×100

というような計算式をつかって推定することができるのだとか。

   
 

例えばですが

重さ1.2kgの角材を全乾燥※1させ、全乾燥重量※250gになった場合

(1.2-0.55)÷0.55×100=118(%)

となり、100%を超えることがわかっていただけるかと思います。

 

※1全乾燥とは、105℃で重量の変化がなくなるまで乾燥させた状態の事です。

※2全乾燥重量とは、※1の時の重量の値です。 

 
 

 

水分量が100%を超える数値・・・不思議な感覚ですね。

   
 

   
 

木材センターでは、こんな機械を使って含水率の測定をしています。


↑↑含水率を測定する、澤 木材センター長↑↑

   
 

案外小さな機械だと思いませんか?

(高周波含水率計といいます。)

測定結果は・・・







15%です。

   
 

計測した木材は桧の7寸角の太柱なのですが、一般的に桧の構造材の場合

20~22%以下であれば、許容範囲だそうです。

   
 

お肌にとって乾燥は大敵ですが、木材にとってはそうでもないのです。

むしろ重要!なんです。

   
 

今回はここまで!

長くなってきたので、詳しいお話は次回にさせていただきます。

ご期待ください。

   
 

そうそう!

弊社が使用している含水率計測器は、お子様でも簡単に計測が可能です。

自分の家に使われる柱の含水率を計測!なんて事もして頂けますよ。

いかがですか?

   
 

   
 

最後になりましたが、今年も植林ツアー開催が決まっています。

詳細が決まり次第、HPで情報が公開される予定ですので、

ご興味のある方はチェックしていてくださいね。

   
 

   
 

●参考●

・木材ドットコム/マルホンhttp://www.mokuzai.com/

・吉野中央木材株式会社(http://www.homarewood.co.jp/gansuiritu.htm

・千代田工業株式会社(http://www.tiyodakk.com/wood_mokuzai_suibun_1.html

・林産試だより(http://www.fpri.hro.or.jp/dayori/1212/1212-2.pdf

カテゴリー

アーカイブ

Copyright © WATANABE-KOMUTEN All rights reserved.