暮らしに平和を

2021.10.18 /

第81回:数寄屋の心とモダニズム

現在の数寄屋造り(すきやづくり)というと日本古来の伝統的な建築のように思われます。

しかしながら江戸時代前まで遡ると、当時の武家社会を中心とした伝統的な格式や身分制度を重んじる価値観の書院造りに対するアンチテーゼ(:主張を否定する主義や姿勢)として生まれた、和歌や茶の湯、生け花などを楽しむ茶室を取り入れた住宅様式です。

当時台頭してきた商人や茶人のような文人の中に書院造りのような格式や華美な装飾を嫌い、内面を磨いて客をもてなすという精神を持つ数寄者と呼ばれる人たちが、敢えて粗末な材料や素朴な丸太を好んで使い、軽妙でお洒落な茶室をはじめとした建物が数寄屋と称されたようです。

数寄屋建築というと茶室を思い浮べますが、茶室の設えはシンプルモダンの極みですね。
武士も町人も身分の分け隔てなく同じ作法で平等に執り行われる茶道も同様の価値観が反映されているように思います。

その後の技術や茶室の文化の深堀りは目覚ましく、現代に至っては本格的な数寄屋造りの建物は特別に高価で高度な技術の集積された高級建築となってしまいました。

 

渡邊工務店は愛知県内の総合住宅展示場に天然木で造る数寄屋造りのモデルハウスを出展していますが、この度小牧市に数寄屋の心を踏襲(とうしゅう:それまでのやり方を受け継いで、その通りにやること)しながらもモダンな天然木の家の展示棟を建設しました。

第81回:数寄屋の心とモダニズム
小牧展示場(リンクにて他の写真や動画もご覧ください)

 

建築に限らずモダニズム(:近代的)というと、過去の価値観との決別や否定として捉えられるところが多いと思いますが、数寄屋の心の中にはモダン(:今風でしゃれていること)があるように思います。

千利休は当時最も著名な数寄屋の心を持つインフルエンサーだったと思います。

第81回:数寄屋の心とモダニズム2

白鳥庭園、清羽亭の建築施工

かつて名古屋で開催された世界デザイン博の迎賓館として建築された茶室「清羽亭」を渡邊工務店は施工し、芸術院賞の栄誉にその技術力を証明いたしました。

小牧展示場では他社の真似のできない数寄屋の心が宿るシンプルモダンを、素材にこだわった天然木と匠の技を活かした出来映えで実現していますので、是非ともご来場の上ご体感ください。

建物の外観やリビングダイニング、キッチン、設備、ストリップ階段等モダンに仕上げていますが数寄屋の心の源泉の和室は原点回帰の設えとしてあります。

松尾芭蕉の言葉に「不易流行(ふえきりゅうこう)」があります。

「不易という永遠に変わらないこと(もの)を忘れず、流行という新みや変化も同様に取り入れて行くこと」で、不易も流行もともに大切であり渡邊工務店の仕事にも通ずることであると理解しています。

小牧展示場のモデルハウスも数寄屋の心とモダンな設えを同じ視線からご覧いただければ幸いに存じます。

 

■「天然木の家・快適エコライフ」小牧展示場について詳しくはこちら

■熟練大工の匠の技について詳しくはこちら

■最寄りの展示場について詳しくはこちら

■資料請求はこちら

カテゴリー

アーカイブ

Instagram

もっと見る

close

【営業時間】

9:00〜18:00 (日曜日・祝日定休)

0567-52-1056

閉じる