トピックス TOPICS

2015.03.09 /

木材センターより 木にな~るはなし⑦

3月に入りましたね。

もう3月!?Σ(゚д゚;)という印象なのですが、みなさんはいかがですか?

時間が経つのが早く感じるのは『ジャネーの法則』というのが、

有名な理由だそうです。興味のある方は調べてみてくださいね♪

 

 

さて、今回の『木にな~るはなし』は・・・

こちらをご覧ください!!!


流行のウォールナットの無垢板です。

テーブルに仕立てたら素敵♪

 

オレンジ色の矢印の辺りにご注目ください。

だいぶわかりづらいですが、長方形の長辺がまっすぐではありませんね。

ここを耳(みみ)と呼んでいて、このような板のことは、

耳付板(みみつきいた)っていわれているそうです。

もちろん加工・仕上げ前の厚板なので、このまま脚を付けてテーブルに!

なんてことはありませんよ(✿╹◡╹)

 

赤の丸印の辺りにもご注目ください。

わかりにくいので拡大します!

 


板材の中心辺りでこんな事が起こっています。

ほら!かすかに向こう側が見える!!

(上に乗せているのは、まっすぐの角材です。)

 

しかも・・・


向って左側の木口(小口)が跳ね上がっているのがわかりますか?

プロペラのようにねじれている といった感じです。

 

生きている木から切り出して板材や角材にしているので、

無垢材は『反り』や『ねじれ』はつきものです。

樹種によっても、切り出した材1つ1つでも反り方・ねじれ方は違います。

これが天然木とつき合う難しさであり、おもしろさでもあるのだ と、

澤さんは話していました。

 

紹介した板材は、ちょっと極端な例でしたけどね (*´ェ`*)

 

特にこのような形状の板材は、いきなり人工乾燥機に入れることはなく、

基本的には昔ながらの天然乾燥が行われます。

 

ちょっと話がそれましたが、このねじれているウォールナットの板材、

テーブルになるのか、カウンターになるのか・・・

どんな製品に変身するのか楽しみです。

 

 

今回は、私の疑問と素直な驚きを書いてみましたが、いかがでしたか?

木の事をよくご存じの方やお好きな方には、今更なにを・・・

と思われるような内容だったかもしれません。

ですが、これに懲りずにまたご覧くださいね。

 

最後になりましたが

今年の植林ツアーは、4月12日(日)です。

定員まであとわずかです!!!

ご興味のある方は、最寄りの展示場へお問い合わせくださいね。


 

カテゴリー

アーカイブ

Copyright © WATANABE-KOMUTEN All rights reserved.