トピックス TOPICS

2015.01.31 /

木材センターより 木にな~るはなし⑥

インフルエンザが、警報が出るほど流行っていますね。

岡崎展示場ブログでも話題になっていましたが・・・

渡邊工務店でも、流行に敏感な人から順にインフルエンザになっています。

   
 

   
 

冗談を言っている場合ではありませんね。

かからないように気をつけたいです。

皆さま、お気をつけくださいね。

   
 

   
 

   
 

さて、今回の『木にな~るはなし』は、小難しい話はお休みして、

木材センターで働くスタッフと仕事を紹介しようと思います。

   
 

   
 

  木材センター副長  伊藤 欣康( いとう よしやす)


↑↑作業中の真剣な表情の伊藤さん↑↑

   
 

・生年月日:1976年2月21日

・出身地:愛知県海部郡

・血液型:O型

・入社:2004年2月

・資格:小型移動式クレーン、玉掛け技能、フォークリフト

・特技:ゲームセンターの腕相撲マシーンで、最強レベルを速攻負かし、

     メーターが振り切れて、レベル測定が不能となった事がある。

・休日の過ごし方:家族サービス

   
 

   
 

◆木材センターでは、どんなことをしているんですか?

   
 

ひとことで言うなら、木材センターでの資材管理全般が主な仕事です。

   
 

具体例をあげると・・・上棟に必要な柱出し・土台出しを行っています。

建物の主要構造となる材なので、しっかりチェックして出しています!!

   
 

特に和室の柱等、化粧柱(見える部分に使う柱)については、

色・柄等のバランス、和室については部屋の建つ位置まで考えて出します。

   
 

また、上棟した後に使う造作材・銘木材も出しています。

1枚1枚表情の違う無垢材を、カウンター・ニッチ・式台・テーブル天板等

使う場所によって最適な1枚を選んでいます。

   
 

お客様に満足して頂ける家が建つよう、木と向き合って作業しています。

   
 

   
 

   
 

   
 

◆フリートーーーク

   
 

スーパー(JA)の店員から転職し、渡邊工務店に入社しました。

木材とは無縁だった為、桧と杉の見分けもつかなかったですし、

何百もの種類がある事にとても驚きました。

   
 

入社したての頃は、休みの日になると、渡邊工務店の展示場はもちろん、

他社の展示場へも行ってみたり、図書館で木材の本を探しては読んだり、

少しでも仕事に役立てば と努力しました。

 
 

   
 

↓↓ドアップの為、小さめで失礼します↓↓


今では、澤さんに叱られる回数は減ったかな・・・(^_^)v

と、ちょっぴりドヤ顔の伊藤さん(笑)

 
 

   
 

   
 

伊藤さん、お忙しい中質問に答えていただき、ありがとうございました。

   
 

普段、なかなかお客様のお目にかかる機会の少ない、

木材センターのスタッフ紹介はいかがでしたか?

   
 

スタッフはまだ数名いますので、小難しい話の合間にでも

ちょこちょこ紹介させていただきます。お楽しみに♪

 
 

  

カテゴリー

アーカイブ

Copyright © WATANABE-KOMUTEN All rights reserved.